選択を間違えないようにしたいコンタクトレンズ

使い捨てレンズ

お手入れの必要が無い使い捨てコンタクトレンズは便利です。

難しい専門用語ではディスポーザブルコンタクトレンズと呼ばれる使い捨ての コンタクトは、1回目の中に入れて出したらもう2度と使われることの無い、一回 だけ使用されるレンズです。 装着されるのは新品だけなのでとっても清潔、衛生的にも優れており目の病気に なりそうな原因をかなり排除しています。 何年も使っていると汚れが付着するコンタクトレンズは就寝前に取り外して お手入れをしないと目の病気になってしまうこともあるので、洗浄の手間が そこそこかかるのが利用者にとって面倒になってきます。 でも新品なら洗浄する必要はありません。 服は着たいけど洗濯しないと不衛生だし何日も着続けられない、洗濯するのも 面倒だし困ったな、よし脱いだ服は捨てちゃって毎日新品の服を着よう、という 発想と同じで、中古品はリサイクルせずに新しいレンズだけを使うことになります。 お洋服で例えると、午前中に目を覚まして朝食にソーセージとオレンジジュース を摂取しておなかを満たしたら身支度を整えて、玄関で靴を履く前に新品の靴下 を右脚から順に履きます。 新品なので気分も爽快、充実した一日が送れそうだと張り切って家を出て自家用車 に乗ってエンジンをかけ、目的地までまっしぐらです。 日中はそれなりに過ごして活動が終了したらマイカーに乗車して帰宅、この頃には 靴下も少し疲れてきたのではないでしょうか。 ゴハンにするかお風呂にするか迷ったあげく、先にお風呂にしようとなったら 服を脱ぎますが、ここで今日一日頑張ってくれた靴下も足から外すことになります。 洗濯してまた履くなら他の衣類と同じようにじき洗濯機に入れられるのですが、 使い捨てすると決められていた靴下はゴミ箱行きになるかゴミ袋に放り込まれます。 ゴミとして処分されるのなら洗濯もお手入れも不要、そのままポイでオッケーです。 高価で耐久力に優れた靴下だともったいない使用法ですが、一日だけ使えれば良い と開発された使い捨て用の靴下ならなかなか便利なアイデアでしょう。 何年も使用可能でそれなりのお値段がするレンズを使い捨てするのは無駄な話に なりますが、安価な使い捨てレンズなら結構合理的なのです。 毎日のお手入れの手間が省けるというメリットも大きく、これは目のトラブル防止 にも繋がるとっても優れた利点です。 何日も使っているとレンズに汚れが溜まってしまい、レンズが収納されている瞼の 内側でバイキンが繁殖することもあります。 それが原因で炎症をおこしたりと眼科のお世話になる場合もありますが、内科や 歯科は今回は多分あまり関係ありません。 コンタクトレンズと長時間接触している部分、眼球付近に不具合が発生する危険が あるので汚れたレンズは使用厳禁なのですが、毎晩就寝前の疲れた身体に鞭打って メンテナンスをするのはサボりたくなるほど面倒なのです。 「こんなことなら眼鏡にすればよかった、ケアのために毎日5分は損してるよ」 と悔やむ人も多いらしいですし、使い捨てタイプでないレンズは維持する為の お世話も大変なのです。 なので少しでも睡眠時間を多くとりたい人、面倒くさがりな人、潔癖症の人には 使い捨てコンタクトレンズの使用をお勧めします。 ちょっと贅沢な感じもしますがその分1つあたりの単価も安くなっているので、 そんなに大きな金銭的負担はかかりません。 それよりもメリットの方が大きいと思ったのなら、迷わずにこのタイプにして 毎朝新品のレンズと共に家を出られる喜びを享受しましょう。 現在では多くの種類が市販されているので選び放題です。