選択を間違えないようにしたいコンタクトレンズ

ソフトレンズ

ハードよりも柔らかいのがソフトレンズです。

ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズに比べてひと回り大きく、 柔らかい素材で製造されています。 ここ数年で急速にシェアが縮小している非含水タイプはレンズに水分を含まない ので、酸素を透過しないためあまり目に優しいとは言えないこともあり人気が低下 してきた旧タイプのコンタクトレンズです。 今でも少しは流通していますが時代は含水タイプで、こちらは素材に水分を含有 しており人間の目を労わる素敵なレンズになります。 水分がなぜ重要とされるのか、それは目に酸素を運ぶルートは水分だからです。 眼球の周囲の水分、すなわち涙から酸素を取り入れるのでレンズに水分を含んで いるほうが多くの酸素を得られるのです。 ソフトレンズと呼ばれているように水分を多く含んで柔らかなこのレンズは、 瞳に装着しても違和感が少なく初心者にも安心して勧めることができます。 さらにシリコーンハイドロゲルタイプになると素材にシリコーンが使われており、 より大量の酸素を目に運ぶことができます。 普通にソフトコンタクトレンズを探したら含水タイプとご対面をするでしょうが、 それ以外の種類もあることはいちおう覚えておくといいでしょう。 ソフトならなんでもいい、視力に合って安ければどれでもいいよ、と注文したら 旧タイプのソフトコンタクトレンズを買わされるかもしれませんし、そんなに 悪い品ではないけれど現在ではもっと目に優しい製品があるのであまり購入を 勧められる品でないことは確かなのです。 他人用ではなく自分が使うのなら含水タイプであることを最低条件にしたいですし、 目が疲れやすいコンタクトは避ける努力をしてみましょう。 一般的に初心者向けとされるソフトコンタクトレンズは、ハードよりも大きな サイズですが柔軟な材質なので目の中に異物感はそんなにありません。 多少は違和感もあるでしょうがすぐに慣れて気にならなくなるので、初心者でも 心を乱されることは少ないと言えます。 視力を必要とする場面、例えば自動車の運転中に目の中がゴリゴリしていると、 集中してハンドルを操作できませんしブレーキとアクセルを踏み間違える危険も あるし、ウィンカーを出そうとしてワイパーを左右に動かしてしまうこともあります。 それが原因で交通事故を起こしてしまうかもしれず、不慣れなコンタクトレンズ での運転は危険を伴うのです。 じっくり慣らす時間があればハードからスタートしてもいいですが、即戦力として 期待するのならソフトレンズからはじめたほうがいいでしょう。 またソフトは大き目のレンズなのでポロリと落としてしまう可能性も少なくなり、 身体を激しく動かす予定の日にも適応します。 よく道端でコンタクトレンズを落としてアタフタする人を見かけますが、あれが とってもピンチな状況なのを理解している方はどれほどいるのでしょう。 うっかり踏んづけてしまうと割れてしまいますし、それで数万円の出費になるかも しれない、そんなヤバイ状況なのです。 そこが体育館や運動場、遊園地やプールだったら大勢の人が歩いているので、 高確率で踏まれてしまい新たに買うことになります。 そのピンチになりにくいのがソフトコンタクトレンズなので、やはり初心者には こちらが向いていると思われます。 ただ問題点は、旧タイプでない限りレンズに水分を含むのですが、これはまぶたの 中の涙を吸収することにもなります。 なので涙の分泌量が少ない人が長時間使用し続けると、目が乾いたように感じる ことがあるので目薬をさしたりして水分補給をしなければならなくなります。 自分が人よりも涙が多いか少ないかはよくわからないかもしれませんし、使用 してみて目が乾くと思ったら目薬を携帯するようにしましょう。